FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

サーブレシーブ(レセプション)

2010.04.18/Sun/08:19:49

全国大会からまだまだ記録しておきたい事があるのですが、間があいたのでカテゴリ変えて記録です。
会場でビデオで撮ったチームからの考察です。

ほとんどのチームがいわゆるW型を採用していました。ネットから1-3-2(多少前後させてはいますが)に並ぶ型です。ただ2列目(3人のところ)の立ち位置はチームによって様々で、これは先日書いたサーブレシーブにオーバーカットを使うか使わないかによるものと、明らかにアタッカーを隠して攻撃に専念させようとしているものの2通りがあるように見ました。

またワイドかコンパクト(5人の間隔)かといったことも、レシーブ能力によるのでしょうがチーム様々で、勉強になるところです。速いサーブが来るので、相手サーブの立ち位置によってポジションを修正することも不可欠な要素でしょう。 (そのうちキャプチャーしてUP出来ればいいのですが、なかなか・・・)

一方で1チームだけ見れたM型、1-2-3に並ぶわけですがすごくワイドバージョンでセンターレシーバーの子の役割がすごく大きい。おそらくすごく能力の高い子だったのでしょうが、ビデオにあまり収まっていなかったので確認できず残念。
広い体育館だったので相手がエンドラインから遠く離れて打つ場合や、速いサーブしか打ってこないチームだったらM型で充分対応できるように思えます。 (広い体育館の経験不足で勝手な推測ですが)

あと気になったのがセッターとの関係。これは kumacoachさん の Good Job! に取り上げられていたのでそちらをご覧下さい。会場ですごく参考になった事項の一つ。考え方は kumacoachさん とほぼ同じです。
(昨年度は広島市内でもっと極端なポジションを取っているチームもいました)

それ以上は小学生特有のことなので、勝つための手段として活用したいのでここまで(笑)

まとめとしては、W型が長年で行き着いた最善のポジショニングといえばそれまでですが、その年のチーム事情によっていろいろありということ、逆言えば変わらなければならないかなと思います。
ただし小学校時代に長身だからといって、攻撃に専念させるためにサーブレシーブさせなかったり、オーバーカットだけさせる事は避けるべきかな、小学校では長身でも中学・高校では普通の身長になってしまう例はたくさんありますからね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カテゴリ: バレー技術研究
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/974-2e0d5728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top