FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

効率のよい練習を考える 6

2010.01.21/Thu/22:15:38

第5回ですね。素人指導者のボール出し編です(笑)
今回はサーブレシーブをはじめとしたレシーブの基本練習。
使うスペースはコート半分を斜めに使います(ランニングを兼ねているのでネットをはさみません)
スタート時はボール出しのところに3から4人ボールを持たせて待機させます。
ボール出しからレシーバーへボール出し。
レシーバーはしっかり面を作りレシーブ、それを自分でキャッチ。(セッターなしです)そのボールを持ちボール出しのところへ。
図解すると下のファイルのようになります。
レシーブ図

大体これでとぎれることなくレシーブ練習が出来ます。とにかく手を振らずにレシーブをしたボールをコントロールすることを目的とし、指導書などにあるようなレシーブしたボールをもう一度アンダーで上げるようなことも時々取り入れます。
発展としてセッターを配置する方法もやりますが、セッターのタイミングに合わせるようになるのでテンポが遅くなります。練習時間を考え効率を考えてやるには上記の方法が今考えているベストです。

ボールを出すタイミングは前のレシーバーがレシーブしたくらいで、わざと前の選手とかぶらせる様な所にボールを出したりもします。1秒弱に1回くらいかな。
アンダーハンドで変化の少ない逆回転のボールを高いボールから始めて、正面5周、左3周、右3周くらい
無回転のフローターを3~5周くらい
ドライブ回転のレシーブを3~5周くらい
オーバーカットを3~5周くらい

これを一気にやります。子どもたちはボールをうまくコントロールすれば無駄なボール拾いはないわけですから工夫もします。ただでさえ走り続ける練習ですから。
ゲーム前はこれで一気にアップを終わらせます。かなり身体は温もると思います。

これをやるにあたってはボール渡しのこともきっちり教えていないとこちらは疲れる元に。
出し手の手の平にしっかりボールを載せること(自分は左サイドから左手に受けることにしています)を最初にしっかり教えます。水曜日に2年生にもこの方式で初めて練習しました。最初適当だったボール渡しも上手に出来るようになり楽しそうに取り組んでくれました。

補足で出し手をしながらボールを受ける面がしっかりボールをコントロール出来る面になっているか(速いボールだとはじかれるような面ではいみがありません)、動き出しの足は合っているか、足の運びは?などはチェックしてボールをもらう時にアドバイスしています。当然その後は同じようなボールを出すことも大切です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/834-85d23fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top