04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

バレーノート

2017.03.28/Tue/23:23:39

を書いてもらう
年度初め毎年の行事

まず数人が真新しいノートに全面工夫して日記を書いてくる
数日したら負けじと数人ノートを出す
半月後4,5人になる
1か月後よくて1人
昨年度は0人

強制はしない
だけど新年度からは出さなければ指導しないことも考えよう

その程度の指導者はいらないよ
と言われているようなもの

小学生指導者は
「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」豊臣秀吉
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」織田信長
の両者であってはならないと考えています

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康
でありたいが、
「鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス」松下幸之助でもいいと思います
でも新年度は
「鳴かぬなら鳴くまでまたないホトトギス」高陽指導者かな


だれも好き好んでノート書かせるわけではない
せっかく貴重な時間割いてバレーしているんだ
その記録くらい残してほしい

私が年に20数枚だすプリントはゴミなのか?
ノートに貼り付けて、この日はこんなアドバイスがあったと書くだけであなたの財産になるんだけどね

たった1から3つくらいのポイントを書くだけ
簡単な絵付きで


さあ誰が続けることができるのか?
過去貫徹したのは5期生みわだけ
スポンサーサイト
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/2449-af0287ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top