FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

気を付けるべきこと36 『指導者の求めるもの』

2017.01.18/Wed/06:37:33

久しぶりの『気をつけるべきこと』シリーズ。
書きたいことは山ほどあるが、時間がないのと文章構成力がなくて・・・。

さて自分は何を求めて指導しているのだろうか?
決して一言で片付くことではないですね。

先日の大会後にあるチームの指導者さんが言われていたことにはっとさせられました。
『ワクワクするプレーをしてほしい』
なるほどそうだわ、と思いますよね。

勝ち負けも大事ですが、練習やってきて当たり前に出来るプレーとそれを乗り越えて「お!」と言わせるプレーは違います。
そんなプレーがたくさんあれば、たとえ負けはしても達成感は得られるでしょうし、指導者も応援している保護者もたくさんの拍手が贈れるのではないでしょうか?

うちのチームで言えば日曜日の試合でそんなワクワクさせてくれる場面を何度も見せてくれました。
1,2回ではありません。あきらかに練習や練習試合でしてきたプレーを超越したラリーがいくつもありました。
だからというわけではありませんが、2セット目後半連続失点した場面でも、それを乗り越えるワクワク感を求めてタイムを取らなかったことにもなった要因の一つでもあります。
結果乗り越えることはできませんでしたが、それはそれでいいと思っています。
(タイムの取り方についてはうちの指導者とも話してますが、過去に書いたつもりだが?また書き綴ろうと思います)

大会ではいろんな指導者の方がおられます。近寄りがたいオーラを出されている方も多々おられ、実際話しかけたいが出来ない大御所もたくさんいます。
でもこうやってちょっとした会話でどんな考えで指導されているのかのヒントを得られるには、このような機会を大事にしていかなければと思います。

『指導者の求めるもの』は多様です。チームそれぞれですし、指導者も。保護者の求める者も様々です。
一つ芯の通った考えを持っておくことはとても大切ですが、他の考え方も受け入れる頭の柔らかさは常にもっておきたいですね。
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/2416-77aaeb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top