FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

スパイク練習

2015.09.11/Fri/05:30:39

特定の子だけにやみくもに延々と打たせるような練習方法ではなく、全員に取り組ませているスパイク練習。
気を付けているポイントは助走の腕の使い方。

いわゆる2歩助走、右利きの左・右・左の足の運び、自分は3ステップと言って指導しているが、この時の左足が前の時の右手が前で同時に左手が前にいってしまう無駄な動作がすごく気になる。
不自然な動作はスムーズなフォームを邪魔する。

今行われているワールドカップで、子ども達に「両手が前にいくような選手は全日本女子にはいないよ」と言ってまして、先日はじまった男子は「女子とは別のスポーツ、男子はトスの高さもジャンプ力が違うから、両腕が前に行く選手もいるよ」と言って、昨晩はその点に注意して見てましたが、清水選手は以前からこの動きがスパイク動作を遅らせていましたが、気のせいかな?修正されているわけではないのですが、左利きの清水選手の最後の右・左・右の時の右足前の時の時の両腕が前にいく動作が小さくそいて少し早くなったような・・・。
動きがオーバーで低いトスに間に合わず、苦し紛れにフェイントすることやネットに打ち込むことが多々見られた点が改善されているように思えたが、ただセッターのトスがいいだけか?深津選手のトスは最近のセッターの中ではとてもいいように見えるが、これも素人目線なので。

それで売出し中の石川祐希選手の助走時の腕の使い方を見てみると・・・。両腕出してるわ!
大きくではなく小さく速く。まあ男子はそもそもネットの高さもジャンプ力も違うので、外国の選手含めてこのフォームの選手は多いのですが、きれいな打ち方をする石川選手がこのフォームだったのは意外だった。
そういうのも(小さく速くなら両腕前も)ありならば、昨晩は中継中に見ただけなので一度録画してタイミングなどを詳しく見てみようと思う。
あっ忘れてはいけませんが、女子は録画していたアメリカ戦を確認しましたが全日本の選手に両腕出す選手はいませんよ。古賀選手も木村選手もスムーズです。

狙いははっきりしていますが、この動作を修正するのにはかなりの労力を要します。現実そのまま中学に上がってそのまま打ってる子もいて、中途半端だなと反省している。
小学生の練習に戻りますが、高学年はなんだかもう修正が難しい段階になっている。だが低学年は、特に入ったばかりの子に導入段階で指導してみると見事にスムーズに出来るようになるですねこれが。
この段階でフォーム固めてしまうまで打たさないのがベストかもしれません。今の3年生以下はこの方針でいくべきか、それともこれまでのようにある程度は指導するがあとは自由にやらせてしまうか。要は打てればいいのですからね。

補足 高学年の女子10名を見ると10名中スムーズ(大事なことは最後の2ステップの時に後ろに両腕がしっかり引けているかというところ)が出来ている子は、3人・・・。あとは何らかの癖があります。
難しいよ。
スポンサーサイト



カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/2149-4558a467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top