FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

気をつけるべきこと32 『くじ運』

2014.01.29/Wed/22:26:54

『くじ運』ついつい口にしてしまう言葉。
勝った時は『くじ運がよかった』とは言うが、負ければなかなか『くじ運が悪かったから仕方ない』とは言わないですよね。負け惜しみだし。
勝ったときに使うことは対戦相手を侮辱する言葉になります。おまけに一生懸命にプレーしたであろう自分のチームの子ども達を卑下する言葉にもなります。

自分も以前は無意識にこの言葉を使っていました。最近は意識していわないように気をつけていますが、例外で抽選会の時には役員さんに「いいくじを引いてきて」とお願いしたり、抽選会後の組み合わせ見て、くじ運いいとか悪いとか言ってます。一つでも多く試合をさせてあげたい、勝たせてあげたいという表向きの思いと、勝って自分もいい思いをしたいといういやらしい気持ちがそこにはあるんですね。
指導に自信がないから?思ったようなチーム作りが出来ないから?子ども達が思うように動いてくれないから?だからせめてくじに頼って勝ちをたぐり寄せたい。自分の弱い部分が出てきてしまいます。

自チームの指導者間や保護者と対戦相手のチーム力を話して、くじ運について話することはあっても多少は許されることでしょう。最低限気をつけないといけないのは、子ども達の前で『くじ運がいいぞ』『ここには勝てるから・・・』と話をしたり、大会のときに他チームの指導者などにこの言葉を発することは絶対にするべきじゃないと考えます。
もちろんくじに関していっさい話しないようにするに越したことはないのですが、なかなかそれは難しいかなあ。まだまだ修行が必要です。

スポーツをする以上力の上下関係は絶対にあります。そして勝ち負けがついてきます。連盟等に所属して大会に出場する以上は、他のチームのこと、他チームの指導者・選手をリスペクトすることがすごく大切になります。みな一生懸命にバレーしています。そのことをいつも心に留めて指導にあたるべきです。

気をつけたいので記しておきます。
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/1811-492e210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top