FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

小学生指導者の役割 2

2013.09.11/Wed/05:19:50

どうすれば部員が増えるの?
自チーム含め、他チーム指導者の大きな悩みの種です。

前回も書いたが、全日本バレーが国際大会で勝ったからといってバレーする子は劇的に増えたりしません。
協会は新聞・雑誌・ニュース・バラエティー番組出演などのメディア戦略ではほとんど効果がないことを分かっているのでしょうか?

基本TV中継などは両親がそのものに関心がない限り見たりしないのがほとんどでしょう。
両親が若い頃バレーをしていたり、スポーツ好きの家族がいたりして関心があれば見るでしょうが、そうでなければ見ないのが多いのでは。
昔と違ってチャンネルも多いし、TV以外の娯楽も多いし、選択肢は無数にあります。

協会は今のような形でのメディアに頼る戦略を改めるべきです。

地元小学生チームが強いからといっても増えません、むしろ減少しているように感じます。
もちろん例外のチームもあります。
強いとなぜ敬遠されるのか?きっとこうなんだろうというのは皆さん感じているはずですので書きません。

過去を振り返ってもバレーを始めるきっかけは
1.友達に誘われて
2.兄弟姉妹・両親など家族がしていたから
3.体験会
4.?
5.TVドラマの影響
といったところ。

うちのクラブでは3年前夏にクラブを発足して、おそらく10回近くの体験会を実施して部員を集めました。
ほとんどの体験は無駄になっていて、結局は1の友達の誘いがほとんどです。
でもその大元の友達は3の体験会と2の家族の影響ですから、体験会も無駄にはなってないでしょう。

多少現チームを犠牲にしてでも体験会は定期的に開くべき

ただうちのようにやみくもに体験会していると、一年通じて不定期に体験者が来るのでその覚悟は必要です。

いったんここで打ち切り。
文章が長くなって訳分からなくなるので
次回もどうすれば部員が増えるのか考えてみたいと思います。

各チーム目的が違うので批判もあるでしょうが、親世代の多くが若い頃バレーしていての現状ですから、この先今の子ども達が親世代になったらどうなるかは目に見えます。
ちょうど私たちが小中学生だった頃に将来は老齢社会になるとグラフで散々いわれていたのに、まったく何の対応もしてこなかった政治の世界と同じようなことにはならないことを願う。
スポンサーサイト



カテゴリ: ジュニアバレー
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/1733-1b2fef1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top