FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

声出しの悩みは尽きないなあ・・・

2012.10.22/Mon/22:05:01

日曜日の9人制の大会でも多く聞かれた「声がない」「元気がない」
別に声がでりゃ勝てるわけではないが、僅差の時には確かに声が出ているほうが有利かな。

見ていて点が入っても、点を入れられても淡々としていると「イラッ!」と来るのも事実。
でもそんなことは中学生になりゃ、嫌でも声出すようになるわ。と高をくくっていたが、1ヶ月ほど前に見た進学する中学の練習試合では声のないこと・・・。

これじゃあいけないと小学生の間に少しでも声出しせにゃあならんと考えていた矢先のこの大会。
外ということもあり本当に声が聞こえない。ちょっと頑張ってもらわんといけんわ。

で、日曜日の帰りにどうするべきかを話していて、表現力を磨かないと。『劇団高陽』でも立ち上げるなんてことも考えたり。
踊らすのは嫌いなので自分達で踊れるようにならないといけないんだが・・・。いい方法を模索中。
点を取られた時に発奮する声のほうも、点を取った時以上に必要だからこちらも。

怒って「声出せ!」「喜べ!」「笑え!」「盛り上がれ!」だけは避けながら少し取り組んでみます。
スポンサーサイト



カテゴリ: バレー技術研究
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/1560-35e04112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top