FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

相変わらず「声」

2011.11.01/Tue/18:09:10

しかし「声出せ!」から脱却できないなあ・・・。
無用な声が多いサーブを受ける時に「こ~~い」間延びした締まらない声。声が出るのであればまだいい、6年生はほとんど出さない。サイレントバレーだ。点を入れられても、点を取っても静か。
約束事は決めてあるのにやらない。演技力がない。

6年生という歳はかなり微妙なころ。そんな時期にバレーはじめてますからなかなか難しいところはあります。学校の校歌も大きな声で歌わなくなるのが5年生から6年生にかけて。バレーだけに限らずそういう歳なのは理解している。

だけどね・・・。無用な声以外のプレーに関する話をしてほしい。どういったことを言えばいいかも何度も言っている。
やらないのは伝わらないから。伝わらないのは伝え方が下手だから。声の必要性を感じていないから・・・。

まあ原点は自信がないからなんですけどね。それも結局練習が出来ていない、練習メニューが・・・。と指導に帰ってきますね。今週何もないのでしっかり準備して来週からポジティブに声が出るようなこと考えてみます。

無用な声や呪文のような言葉や歌はいらない、嫌いです。
指示出す声は何度でも、同じ事でも言い続ける事が大事。
スポンサーサイト



カテゴリ: バレー技術研究
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/1351-bc0cc9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top