FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

気をつけるべきこと12 どこにゴールを見据えるべきか

2009.03.22/Sun/09:44:54

小学校・中学校のスポーツ、ゴールをどこに見据えて指導していくべきか?
個人技術のUP、大会での勝利、楽しくスポーツに取り組む・・・等々いろいろあると思う。

私は大目標として高校での集大成に向けた指導をしていくべきだと強く感じている。
中学ではなく高校。

理由はたくさんある。
  □ 心と体が成長しそのバランスが取れ、スポーツの競技をするには最大とはいえないが、それに近いパフォーマンスを発揮できること。
  □ 同じ目標を持ったものが、自分に合うレベル時間を掛けて競い合うことができること。
  □ 自分の考えがしっかりしてきて、大人に左右される事が少なく、親の過度な期待も直接関与しにくい環境でプレーする事が出来ること。
  □ 小学校の地域に偏った練習環境の差、そこの地域にある中学校の競技レベルの有利さが、スポーツの試合での競技性を面白くないものにしてしまっていること。(よく言われる全国レベルにつながるような大きな大会を廃止することも後々書こうと思う)
  □ 現状義務教育下でのクラブ活動形態では、登下校の問題、進学の問題、指導者の問題などあまりにスポーツを極める環境下ではないこと。

まだまだ列挙すればキリがないかもしれない。

気をつけなくてはならないのは、指導しているとどうしても『目の前の試合に勝たなくてはならない』、『結果が自分の評価だ』と恐れるあまりに、指導するものが自ら子供たちにチャレンジする場を与えられない環境に陥ってしまうこと。

目の前の目標は必要であるが、そこを目的として『勝利』という結果ばかりを追求していてはいけない。あくまでも通過点として捕らえひろく指導していかなくてはならない。

クラブ員が10名いれば10名が学年やその経験した年数、練習してきた時間に応じてチャンスを与えること。
小学生では中学でスポーツを続けていけるだけの楽しさと基礎を学んでもらい、中学では高校でさらにスポーツを続けたいなと思える技術力を身に付けて競技の奥深さを学んでもらうこと。

もちろん現状世の中の流れが横並びではないので、多少前述とは異なるような指導も仕方ない。
無理なく徐々にそのような形に持っていけるようにと考えている。

これから指導してきた子供たちが、高校でスポーツを楽しんでいるかな?
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://mievolley.blog53.fc2.com/tb.php/105-45c43e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top