FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

天を目指して 5

2020.03.29/Sun/13:58:14

高陽ヴェルデュールスポーツ少年団の活動再開はまだです。
体育館は使えるようにはなりましたが、教育委員会管轄の中高の部活動はまだできません。
小学生の活動は学校の活動には直接関係しませんが、今回の事態に関してはうちは上記の指示に従って活動することとします。

今日も懲りずに山登りしてきました。
前回登った白木山。二週連続です。
標高もアクセスもちょうどいいのが理由。

今回は白木山駅までロードバイクで移動。片道12km。往復24km軽く足慣らしになりました。
20200329a.jpeg


駅からは5合目で一口水分補給をしましたが、いっきに登りました。1時間ちょっとでした。
20200329b.jpeg

昨日の大雨で足元が緩くて下りは苦労しました。
ちょっと膝が痛いのが心配。これまた平日の回復に期待。

自転車も感覚戻ってきてるかな。ちょっと距離を伸ばしていきたい、50km・100kmと。
メーターは買って心拍も測りながら乗ってますが、気晴らしにはいいですよ。
20200329d.jpeg
スピードメーター、ラップ、心拍計、傾斜計、ケイデンス(ペダルを1分間に何回回しているか)、タイム、距離、時間、温度
これだけ表示してくれます。

しかいひと昔から比べたら安くなったものです。結構役立ちますね。
今は山登り用の時計購入を目論んでいます。高度計欲しいな。
スポンサーサイト



カテゴリ: 山登り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

目指せ160km

2020.03.22/Sun/16:07:13

今日は自転車

20200322.jpg


ほぼ20年ぶりくらいの自転車(途中2回ほど走りましたが)部屋に鎮座して埃をかぶっていましたが、今回引っ張り出して修理に出して、メーターなどの機材も更新して復活です。

目指せ160kmは『ツールド国東』出場を目指すということで決めました。

老後は別府近辺、国東半島あたりに移住とか考えていたりするんでちょうどいいかも。
30代の頃は2回?3回?参加させてもらった大会です。体力も落ちた今とりあえずここめざして練習していきます。

とはいえほんと久しぶりで乗るのも不安だらけ。
本格的なロードバイクなのでペダルに足を固定して乗ります。立ちごけしないか、姿勢が持つか、タイヤは大丈夫か・・・
心配事は尽きません。
家から出ると下りからスタートなので恐ろしくて職場で用事を済ませてそこからスタート。

太田川沿いを北進して片道5kmを2往復20㎞ほどを1時間でポタリング(散歩程度に軽く乗ること)しました。
登りきついわ・・・尻も痛いし、首も痛くなりかけ。

まあそれでも乗れる気はしました。
明日から通勤は自転車です。

しかし結構一生懸命こいだんだけど、マラソン選手ってあの距離を走るんだ。それも2倍。と考えるとすごすぎ。
当面の目標は100kmかな。ふつうに土師ダム往復で60kmくらいか。三次で100km。
頑張りますかね。

余談
校庭開放再開の動きが出てきているので、山登りも釣りも自転車もあっという間に終えるかも。
バレーの指導者さがしも続けないといけないな。
カテゴリ: 自転車
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

釣り道楽 1

2020.03.21/Sat/23:48:25

またまた新しいカテゴリ追加

釣り

小学生の頃は学校終わってよく別府湾へ釣りに行っていました。
釣りと言っても糸を垂らしておくだけの遊びがほとんどでしたが、歳を取ったら釣りをして暮らすのが夢。夢というほどのものはないか。

暇なこの日は釣りに行くことにして、昨日かめや釣り具で店員さんに1からレクチャーしてもらい道具も揃えました。
(竿とリールは仕事の同僚にいただいてました)
餌も朝買っていくといいと教わりましたが、まあ現地に行けばあるだろう。とこの判断が甘かった。

ただ1番の目的は同居している義理母を地元の姉妹にあわすこと。
で、その暇つぶしに釣り。
朝早く島根県益田市匹見町へ。匹見町は山奥の町です。
そこで母を置き去りに降ろして益田市へ(40分くらい)

釣り具屋に行くが餌がない。あおむし、ごかいいない。
3件目の店で聞けばまだシーズンじゃないと!

ショック。勉強不足でした。
時間が余る。

そこでいろいろ検索して山登りも考えたが、手ごろな山もなく
ネットで見つけた唐音水仙公園というところに。

残念ながら水仙は咲き終わっておりましたが、唐音の蛇岩という国の天然記念物になっている岩礁もあってそこで昼ごはん食べて散策して帰りました。

なかなかいいところで、2万株の水仙咲いているころにまた来てみたいと思います。

一応ロッククライミングしてきました。
2020032102.jpg

実際はただの岩の上ですけどね。
2020032101.jpg
先っぽの岩の上に登っただけ。結構ごつごつしていてます。
あちらに行くと海に落ちて死にます。そんなところ。
山陰はやはり波も高く釣り日和ではなかったです。

ということで釣り業は始まりませんでした。

明日は雨が降る前に自転車の予定。
カテゴリ: 釣り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

天を目指して 4

2020.03.20/Fri/20:22:49

先週に引き続きて登ります。

今日は白木山。広島市内では最高峰?899mです。

どんどん標高が上がりますが大丈夫か?

朝バイクでJR芸備線白木山駅へ。途中飲み物とおにぎりを1つ買いました。
食べ物はいると学習した結果です。

白木山駅に着くと車が道路にいっぱい路駐。山登りの人の車のようです。20台はあったかな?
本を忘れて登山口が分からん、やばいと思いましたが、今から登りに行きそうな老夫婦がいたのであとをつけたら付いていったら登山口へ。
2020032001.jpeg

今日は無事に登山口から登れそうで安心しました。
本には7時間半かかる中深川駅までの縦走路もあるようでしたが時期早々ということで、片道1時間55分と書かれていた往復路に。

登ります。整備された登山道は楽です。呼吸は上がるし、足はしんどいけど、精神的に楽。
しかも1合目からずっと9合目まで表示付き。
5合目まで頑張って休憩だいたい30分。飲料水一口、呼吸が整ったら出発。
次は6,7合目とパスして8合目で一口。
9合目過ぎると空が開けてきて山頂近しの期待。でもそれを裏切るのが登山ですが、この山はあっさりそれで山頂でした。
片道1時間。
2020032002.jpg


疲労も先週の2つの山に比べると楽です。
ちょっと休憩してさっさと下山へ。

下りは走れるところは走って、一気に下りました。40分。もっと早かったと思ったけど意外と時間かかりました。
この山で高い山に登るトレーニングする意味は何となく分かりました。
途中3回であった人もいましたから、何度も登っているんだろうなと。抜かれたのはこの人だけ。
あとは30人ほど抜いたりすれ違ったりしました。
山を下り切ったところでお隣さんに出会ったのはびっくりでした。
人気の山でした。

近くなので帰宅したらまだ11時過ぎでしたので時間も有効利用できました。また今度登ろうと思います。

明日は釣り、明後日は自転車の予定
老後のシミュレーションが続きます。

バレー・・・どうなるかな?
カテゴリ: 山登り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

天を目指して 3

2020.03.16/Mon/06:41:06

○○への道、伏字はなんか変なのでとりあえず天を目指すことにしてタイトル変更。

3月15日日曜日 前日に引き続きハイキングへ。
高い山に行くと一日じゃあ終わりませんからね。前日の急坂の筋肉痛もありますが、平日回復するでしょうから大丈夫。

それでもこの日は無理せず居住している団地の上の山(下山して分かりました) 二ケ城山(ふたつがじょうさん)
下から見ると丘です。標高483m

9時自宅前出発
隣の団地の介護施設あたりに登山口があるのではないかと行ってみたが見当たらない。
昨日引き続き山の中へ突進。

20200315.jpg
沢沿いに進んだり、尾根沿いに進んだり、山菜取りの人の足跡?獣道?みたいなのを探しながら上を目指す

途中ガサガサと大きな音!
大きな雄鹿と遭遇。少々の動物なら戦うか木の上に逃げようと思っていたが、あれは戦うと負けるな・・・。
まだまだ山をなめてます。

道なき山の中を40分さまよってようやく開けたところへ。 
この時期だからできますが、夏は草木が茂り、虫も多くなるので絶対にやりません。冬も雪が降ったら足元見えないので。
2020031501.jpg
前日登った阿武山が正面に見えます

そこから登山道に合流するまで休憩など入れて10分くらい
登頂は10時40分でしたので結局1時間40分かかってますね。
帰着は12時10分 トータル3時間10分
1時間で登って30分で降りてくる計算ですから・・・

出会った人3人。大鹿1頭。

2020031503.jpg
山頂
落合小学校の子が卒業記念で登ってますね。記念の板がありました。

2020031504.jpg
南は瀬戸内海
2020031505.jpg
北は上深川のほうかな?

途中こんな岩がいくつもあって、ギリギリまで攻めたいのだがビビりなので。
2020031506.jpg

2020031507.jpg
この日世話になった2本の杖。獣とたたかうためほとんどなかったけど蜘蛛の巣はらいと杖に大活躍してくれました。


さて次週もバレーは無理だろうから山登り続きそうですね。三日坊主になるかもしれないけどね(笑)





カテゴリ: 山登り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

天を目指して 2

2020.03.15/Sun/07:03:58

『○○への道』、1回で終わらずに第2回目に進めました。

土曜日、雨も上がり娘を送ったついでに山登り。
前回思ったより登れたので軽い気持ちで出かけました。

時間も遅かったので、近場の阿武山。
H26年の土砂災害で多くの被害を出した山です。
標高586m。前回より170m高いだけだ。ちょろい。
これが間違えの元・・・。

午前10時20分ハイキング開始。
上八木のあたりに登り口があるようなのが、これが見つからない。
何筋も土砂が流れた後がいまだ工事中で、おそらくその中に登山口があるのだろうと想像。
適当に山に分け入りました。
まだ草木も冬の装いなので、落ち葉で登山道も分かりませんが、登ればそのうち何とかなるだろうと、どんどん上ります。
が、こんかいは登山道ではないところで斜度もきつく雨上がりの落ち葉の上ということで悪戦苦闘。
20分くらい登ってようやく登山道らしきものを見つけました。木々に紐を巻いてくれているのでそれを頼りに登ります。
相変わらず斜度はきつく落ち葉のじゅうたんも途切れ無し。
IMG_0431.jpg
斜度のきついところも落葉で敷き詰められてました

人の気配も動物の気配もなく、時々からすの鳴き声だけが聞こえる状態で、樹木も高くて山の姿も見えない状況が続きましたが、1時間ほど登ってようやく頂上まで1時間の看板発見!
まだ1時間もかかるのか?特に前調べもせずに、そもそも知識もないのでそこから木々の間から見える右手の(右手しか見えない)山のほうがどう見ても高い。のでそこが山頂だと思い込み目指す。
ところがそこは北阿武山の山頂でした。534m。何の景色も見えない寂しい山頂。
そこでひろしま百山の本を取り出し確認したら、どうやら反対方向に来たようで引き返します。

10分もかかってないかな、引き返して逆方向に歩を進めます。なだらかなところはランニングしたりしながら行くと、再び急激な登りが続きます。足元滑るんで結構大変。今回は一人だったのでよかった。連れなんかいたら断念してたわ。
途中木々の間からようやく山頂らしきものも見えてきて、これが山登りのよくある、登れど登れど近づかない状態で、
結局寄り道含めて1時間で阿武山山頂へ到着。
IMG_0446.jpg
山頂の表示を自作で張り付けているのはどうかと思うね。樹の成長も考えずに針金で巻き付けてたり、樹に打ち込んでいる標識も

登頂2時間。予定じゃ昼には下山している予定だったので、昼飯も持たず。(山をなめていますね)
北風がビュービューと吹く山頂で着替えをして、写真撮って下山へ。
ここまで誰とも会っていません寂しい山です。(結局この日出会った登山者は5人でした)

下山は今来た道を帰るか迷ったのですが、あの落ち葉の急坂を下るのは棄権だと判断して、緑井方面に下りることにしました。
こちらは恐ろしいほど登山道が整備されていて、びっくり。そりゃハイキングコースという看板もあるわ。
途中調子に乗って走ったりしたものだから、太ももつるし途中からゆっくり歩きながら下山完了。

七軒茶屋駅から車をとめてた上八木駅まではJRで二駅。
家帰着は15時過ぎてました。昼には帰っているはずが・・・

登山自体は10時20分~七軒茶屋えきまでで3時間40分の行程でした。

教訓
低い山でもおにぎりくらいは持っていくようにします。
着替えももう少し工夫します。服もなめてますね。もっと動きやすい服装がいります。
時計欲しいな。高度計とか心拍計もあるといいな。
心拍結構上がりました。一人の時は特に気にしながら登りたいですね。休むのが悪だと無理するタイプなので。
写真撮りたいけど携帯リュックに入れてるから撮りにくいなあ。考えよう。

次はいつになるかな・・・。疲労が。

カテゴリ: 山登り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

天を目指して 1

2020.03.11/Wed/05:34:52

カテゴリ追加 『山登り』
これは続くかどうかはバレー指導継続と、直近ではコロナ次第でどうなるか分からないので、仮のカテゴリです。
○○への道としたのは槍ヶ岳とか奥穂高とか入れたいところだが、そもそも遠すぎるし現状夢の世界なので、このまま継続出来たら、現実的な目標の山決めて○○を埋める予定です。

山選びには
IMG_0426.jpg


1998年平成10年発行となっていますから、20年以上の前の本です。そのころ1度だけ山登りして、それっきりでしたが役立つことができそうです。

で、さっそく第1弾として近場の山に登ってきました。
武田山 標高410.9m 陸上トラック1周の高さです。平地なら走って1分そこらなのですが、山登りになると・・・
IMG_0389.jpg


今回は連れがいたので、手っ取り早く近くの低い山を選択しましたが、
自分の体力も相当劣っていて、30代に右膝前十字靭帯断裂してまともにリハビリしてないのもあり膝も痛かったし、コロナ流行る前にジムで筋トレしていたのでまだよかったが、ここ最近は怖くて行けてないし(昨日退会しました)、結果ここを選択して正解でした。

朝近くの大型商業施設に車とめさせてもらい(帰りに買い物したので許して)、登頂へ。大げさだなハイキングへ。
特に危険な場所もなく、前日結構雨が降ったのですが、ぬかるみもなく何度か腰を下ろしましたが無事登りました。
20200308武田山03
隣の春日野団地とそんなに高さ変わらんような気もするが、初回なので。
登りきったところには山通の年配の方がお一人いましたが、いろいろ伺いながら、写真撮ったりしていたらどんどん人が増えてきて、小学生やら就学前の子どもも。

小さい子見てると子どものころ我が家のレジャーは家族で山登りだったなあと。
その反動か山登りあまり好きではなかったが歳を取るとすることも少なくなり、たどり着くところはこうなのかと。

登り1時間、軽くおにぎり食べて昼前には下山し、買い物して帰りました。
今日水曜日筋肉痛も軽く、月火と寝てても痛かった膝の痛みも取れてきて、次週の山登りもできそうです。

さあ次はどこを登りましょうかね。
早く自転車修理終わらないかな。
カテゴリ: 山登り
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

久しぶりに更新しておきますか

2020.03.07/Sat/10:12:57

今朝、広島市に感染者が出たというニュースが飛び込んできました。
ようやくというか当たり前に罹患者はいたのが表に出たというのが世間の見方ですけどね。
不謹慎だが広島1番だけは避けたいと皆さまも思っていたりしたことでしょう。
同じような声が結構聞かれました。

今はとにかくこの感染した方が重症化することなく回復することを願うと同時に、濃厚接触者に感染していないことを合わせて願うことでしょう。

でこの後どうなるのか、どうしていくのかが気になるところです。
学校はこのまま休校措置が続くのかな。外でガンガン遊んでいる若年層(主に中高生か?)たちも見ますが、高齢者も多数当然のようにいます。中国のように外出禁止ということができない以上、もう普通に生活していくのがベストのような気もするが、治療方法さえ確立してくれたらとまたまた願うしかないか。

結局知恵のないものは原始的に人はお願いお祈りにたどりつくしかないのか?そして隣国のように蔓延の原因となる。
日本人は信仰心が高くないので個人個人でお祈りするのかな。自分も知恵もないのでそうします。

明日日曜日は山登りでもするかと考えています。
人の少ないところに行くしかないけど、みんな同じ考えかもしれないと思うと延期するかも。
当分の間バレー活動も難しいだろうから低い山から攻めて、2、3年後に北アルプスの山々に登れる体力作りでもするかな。

あとはロードバイクをメンテナンスに出しました。修理箇所があり2週間ばかりかかるようなのですが、
これは完全に個人(基本、人とつるむのが嫌い)なので、なおればまずは50kmくらいから足慣らしして、いずれは100km200kmと伸ばしていこうかと・・・

それと釣りだな。これも狙いは一緒で人が多そうだな・・・

バレーがなくなったらぽっかり穴が開かないようなことはたくさん考えています。
やりたいことは他にも多々あるので、指導者の皆さんもやることなくなってボケないようにしましょうね。

そうそうお別れ会いよいよ難しくなりそうですね・・・。
ムービー制作ももういいのでは(笑) だらだらと制作活動は続けていますが、もう誰が卒団するのか忘れきましたわ。
撮りためたビデオと写真はお渡ししますよ。あ、その整理も中途半端だわ。
カテゴリ: 日記
tb: 0 |  cm: 0
go page top