FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

七月末

2016.07.30/Sat/19:00:31

夏の暑い時期。明日7月31日は6年生チーム夏季交歓会。男子チームはプチ遠征。
そして3期生が中学最後の大会を迎えます。

夕方ふと出会った若者(男性)から「誰だか分かる?」と聞かれてフリーズ。全く分からない。
この子はバレーに関わりだして最初に出会ったメンバーの一人でした。
以前『自分には教え子はいない』、『教えられた子はたくさんいる』と書いたことがありましましたが、その子の世代もバレーのバの字も知らないのに関わりだして初めての子ども達で、何にもしてあげられなかったのにこうして何年か後に声をかけてくれることはとてもうれしいことです。

明日中学最後の大会を迎える3期生も同じ。
1期目は年度途中にクラブ結成したので大会参加もできずに引退。
2期目は他のクラブの掛け持ちの子が多く、最後の最後に引退する6人で勝利できた。この当時は男の子もいたが人数がそろわずなかなか試合に出ても惨敗するばかりでした。その当時の子も高校でバレーを始めています。
3期目の4人の女子。やっとバレーオンリーのメンバーだけでチーム編成。
バレーに関わりだして12年目になるのかな?思い通りにバレーを指導できた初めての世代でした。
自分も熱くなっていたのか、ただただ罵声を浴びせてたいしたバレーを教えてきたわけでもないが、バレー嫌いにならずに中学でバレーを続けた3人が中学バレー引退を迎える。
こんな子達とも未だになんとなくつながりが持てているのは感謝しかない。今でも時々試合を見に行って褒めたら喜んでくれるのはなんだろう?そんなに厳しかったのか?バレー続けなかった子も車ですれ違っただけでも手を振ってくれる。
いろんなことを教えてくれた彼女たち『私にとっては指導者、先生です』が最後を立派に戦い抜いてくれることを願っています。

学校の先生でもない自分がこうして成長期の大事な子どもたちに関わっていることは、常に頭の隅ではなく真ん中に置きながら、いい大人になってもらうべく成長の一助になれればと思っています。
これからそう長くは続けられないでしょうが、欲のなくなってきたこの頃が子どもたちの指導に最適な年齢なのかなとも。
たぶん理解してくださる方はたくさんいると思う。

七月末の夜。
いつもの早起きしての書き込みではなく、ちょっと飲んで書いてるので支離滅裂・・・。

肝心な6年生チーム。明日頑張りましょうね。
スポンサーサイト



カテゴリ: ジュニアバレー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

男子対女子でゲームをしてみた

2016.07.30/Sat/06:20:17

4年生以下の男女でゲームをして同年代の力の差、いや力の無さをお互い確認できたかと。
MVPはいちきだな。1セット目10本以上サーブを続けて、全く動かない女子に自分が罵声を浴びせて女子の戦意を喪失させました(笑)
いちきには○を一つあげときます。

しかし2セット目サーブミスが連続すると接戦になりました。やはりこのあたりの点差が実力の無さの差でしょう。ここに気付いてほしかった。男子はNさんが言われていたように、ミスしたトスを打ちに行って自滅することが多すぎましたね。これは自分も代々ずっと言ってきていることで、ファーストレシーブででミスしたら、セカンド(セッター)で100に戻すことは可能ですが、このレベルだとファーストでミスが出ると、セカンドでよくて70くらい。70点のトスを打ち切れるアタッカーがいるか?という話になります。
だとしたらどのように返球するかが大切になります。70ならまだしも50、30、または0点のセカンドのほうがたくさんあるわけで、そしたら・・・ということでボードあての練習しているわけですから、今はそういったことを確実に、狙ったところに返せることも大切かと考えています。

チャレンジすることと確実にプレーすることの境目がとても難しいと思います。でもこういったプレーは確実に!今のは打てよ!なんて私のような指導者は後出しじゃんけんのようにずるいことを平気でしてきます。
だからゲームをするときはその目的をはっきりさせて始めないといけません。

この日で言えば女子の上からのフローターサーブはやらなくてはいけないチャレンジです。だからミスをしても何も言いません。
サーブレシーブでアウトだろうな、というボールを触っても何も言いません。これもチャレンジしています。
ボールに行かないのは論外、セカンドを返球するセッターもNG、相手に合わせてポジショニングしない知恵のないプレーもNG。

今後毎月月末頃に定期戦やっていこうと思います。ちょうど男女比も同じくらいでしょう。
一番メンバーが集まるのは金曜日なので、保護者にも周知してみてもらうこともやっていきましょう。

今は経験値の高い男子が勝たなくてはいけません。が、5年生から6年生にかけて女子のうち2,3人がすっと背が伸びると男女逆転するかもよ。そして6年生後半になると男子が圧倒的に強くなる・・・というのが予想。
これも女子が練習参加するかにかかってますけどね。毎週毎週の積み重ねの差は大きいよ。

6年生チームも練習しましたよ。中学生相手にサーブレシーブからとスパイクレシーブからの切り返し。
いい練習にはなりましたが一つだけ手直ししなくてはいけないところがあるので土曜日の練習で。
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top