01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

間違った指導

2015.02.28/Sat/06:30:58

新チームでの指導が始まって3回目。早くもほころびが見えてきました。
まずは練習参加人数。今まで休まず練習してきた子もいるので、「ゆっくりやっていこう」「友達との遊びも大切に」・・・
と話した木曜日。金曜日は休みの子がたくさん。
あんまりバレー楽しくできてないのかな(泣) 部員が増えない原因は自分にあるのだと痛感させられています。

そんな時子ども達に期待することは?答えは書きません。今後に期待します。
(部員を勧誘することではありませんよ。練習参加人数のこと)

さてそんな中練習開始。当然準備に時間がかかります。20分くらいかかったかな?これも黙って見守るしかありません。
5年生は頑張っています。アップも含めて一生懸命にやるので監視する必要がないのがこの学年。
練習もメニュー与えたら真面目に取り組みます。

問題は自分にありました。「指導とは」と子どもに話していながら切れました。練習を中断していつもより10分早く練習終了。原因はどうであれ大人の力を使って練習終了を強制したことを反省しています。

結局まだまだ自分が未熟だということです。相当未熟。
最初からつまずきました。気持ちを入れ替えて再出発できるかな?自分がです。

土曜日の練習で来週からは体育館が使えなくなります。だからこそできることをしっかりと。
スポンサーサイト
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

チーム目標を決める

2015.02.26/Thu/21:03:46

火曜日の練習で5年生は厳しい練習を望むと本心かどうか分からないが言いました。
本心なら期待に応えなくてはならないが、どういった目標をもって厳しい練習をしていくのかが問題。
今日の練習に目標を持って来いと言ってましたがはたして・・・

一番すごいのは、『全国大会に出て1位になる』
あとは 『スポ少』 が二人。スポ少がどうしたのか分からない。しかもスポ少は3大会ある。
残りは 『卒業試合での勝利』 一人不明。

全国大会はねえ・・・。無理です、というかそんなもの必要ないと思っている自分には縁のないもの。
「全国大会に行けそうなチームを紹介するから」と伝えました。本気で探すことになるかな?

目標は少し手を伸ばしたら手が届きそうなもの、手の届かないものは夢と話しました。
もちろんちょっと無理かな、と思えても子ども達の能力は無限なので、少々のことはかなえてしまう可能性はあります。
ただ自分には限界があるのでその時は願いがかなうようにサポートしてあげたいと思います。

さて練習ですが、最高学年になって生き生きとしている5年生と、4年生以下の温度差が気になります。
声だし、動き、その他いろいろ。クラブ全体が同じ方向見て動けるのが理想ですが、いろんな子がいるのでうまくバランス取っていかなくてはなりません、難しい作業が待ってます。
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ジャッジに対して 反省も含めて その2

2015.02.25/Wed/17:40:17

ジャッジに対して 反省も含めて その1

卒業試合でまた同じようなことが起こりました。
相手アタックをうちのキャプテンゆきがブロック、ワンタッチ後にエンドライン外へ。
あまりコースが変わらなかった、応援の声援が大きかったのでおそらくワンタッチの音は聞こえなかった。
主審は即、『アウト』でうちの得点のジャッジ。

間髪いれない判定で、ゆきはどぎまぎ(どうしてよいか分からず、落ち着かない さま)。
自分も前回からこのことが解決できていないので、とりあえず主審の指示に従うように言ったか言わなかったか・・・。

このプレーはそのまま流れましたが、そのあと自チームでバレー経験者であるO氏とT氏と話して、やはり主審がジャッジしたことに異議はとなえるべきじゃないとのこと。またラリーポイント以降は1点の重みが全然違うので、自己申告するようなことはなくなったのではといったことは言われてました。真偽のほどはいかに。

結局ワンタッチだったらコート外出ても「ワンチです!」と主審に申告するようにすればいいのでしょう。
練習出来たら練習しとこうと思います。ジャッジ前に申告だな。

で、ベンチの反省はまた次にします。
カテゴリ: ジュニアバレー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

新チームスタート

2015.02.25/Wed/00:20:24

卒業試合を終えて今日より5年生以下が中心になっての練習開始です。
6年生も2人参加してくれましたが、別メニューで動いてもらいました。

キャプテンはしばらくの間全員で回します。決定するのは半年先くらいかな。
だれがリーダーシップを取ることがチームにとっていいか。これは慎重に判断しないといけません。
意外とリーダーシップとれると判断した子が予想外だったり、そうでもないと思った子が伸びたり、小学生のこの時期は難しい。ましてやまだ6年生になってないこの時期です。あわてずじっくり進めていきます。

練習メニューも一新。トレーニングメニューからやり直しです。パスメニューも1から。
来年度チームの大事にしないといけないことは伝えました。目標を次の練習までに考えてきてもらいます。

自分もいい試合をした後なので、これを機に引退するのも悪くないので指導に携わるか迷いもありましたが、子ども達のやる気を感じたので前向きに取り組んでいこうと思います。またしばらくお願いします。

新年度バレーのできる先生が転勤してこられたら引退かな。

O氏へ。
子ども達に『練習やりすぎだからOさんがしばらく休めと言ったから休む?』と聞いたら、「はあ?もっとやりたい」
「月曜も水曜も練習してくれ」「体育館がなかったら外でもいい」と言ってましたよ。
さすがに週4の定期練習を週5,6にすると、かなりの結果が求められようになるのでようしませんが、子ども達はそんなこと言ってました。
ただ、その理由が他の習い事があるからバレーの方がいい。という子もいましたがね。だれだろね(笑) 
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

卒業試合

2015.02.22/Sun/23:40:16

1年に1回の大会後の打ち上げを終えて帰宅しました。

結果
3勝 1位で有終の美を飾れました。

今日のあなたたちはとても素晴らしかった。今まで見たこともない集中力でいいプレーの連続。感動しました。
長い子で3年半、よく頑張りました。おつかれさまでした。
たくさんの応援とサポートありがとうございました。

大会参加チームの皆様、狭い体育館で雨模様。控えの場所もままならない状況でご迷惑もおかけしました。
どのチームたくさんの応援で盛り上がりいい試合が多く見れました。
大会運営も無事終えることが出来ました、ご協力ありがとうございました。

わがチームの保護者、OG保護者の皆様も大勢で運営サポートいただき感謝しております。ありがとうございました。

以下雑感
今日のような試合できるならもっと早くからみせてくれよ
対戦するチーム同士が2試合目で素晴らしい試合を見せてくれて、「こりゃあ2敗して終わることもあるな・・・」と戦々恐々。本部で周りの保護者に「やばい、やばい」と連発していました。
ふたを開けてみると、今までの練習や練習試合、大会中に時折見せてくれた『いいプレー』が線でつながり、それも3試合もの長い線でつながることで、見事なラストゲームで終えることが出来ました。

しかしあれだけのプレーができるとは・・・。
昨年11月のTSS杯の1セット目の出来の良さがいい兆候でてきて、最近2回ほどHさんに勝ち切ることでできたことで1試合分は勝つだけの力を見せてくれてはいたものの、まだまだ子ども達の力を信じることは出来ずに、というか力は付いてないと考えていました。
年間の最終目標として 『卒業試合でいいプレーを!』 と掲げて1年間やってきました。
そのことは子ども達は表立って体現してくれることはこれまでにありませんでしたが、少しは頭の隅にありくすぶっていて、たくさんの応援で燃え、地道に積み上げたことが一気に表現できたのかな。
一昨年、昨年度の卒業試合の遺産が今期につながり、また来年度も私たちが!と5年生がきっと燃えたことでしょう。
少しではあるが伝統が芽生えつつあることがうれしいことですね。何も残してくれない代だと思っていた4期生が最後にいい置き土産をしてくれました。ありがとう。

いずれにしてももう卒業、一緒に練習することはもうないですね。寂しいようなほっとしたような
まだまだあなた達を中学に向けて鍛えたいところですが、さよならです。
時々遊びにじゃなく練習に来てくださいね。
カテゴリ: 小学校公式戦
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

最後の練習

2015.02.21/Sat/20:00:47

4期生最後の練習日でした。
今日の練習の入りもどんよりとした雰囲気でした。サーブ練習のミスの多さにさすがに練習のやり直しを命じました。
「最後の練習だから」頑張ろう、目一杯やろうという気持ちがなかったのは小学生だからでしょう。
このあたりは自然なことですが、自分はこの子らとする最後の練習だから寂しさを感じながら、いかに盛り上げるかだけを考えながら練習を進めました。

サーブの後の6年生チーム対5年生チームのサーブ勝負が割と雰囲気をよくした感があります。そのあとはまあまあ雰囲気の良い練習ができたかな。かろうじて明日の卒業試合にいい形で臨めそうです。

それにしてもいろいろなことのあった学年でした。
在籍した子は女子9名、男子1名の10名でしたが、卒業試合を迎えるのは6名。それぞれ事情があって練習から離れていきましたが、これはとても残念なことでした。正直卒業試合に呼んで試合に出すことも考えたりもしましたが、ずっと在籍して頑張っている子もいるのでやめときました。
勝つためのメンバー構成をせずに、学年で戦うことがほとんどだったので、あと一歩勝てない試合も数多く、2位の賞状も数知れず。
それでもかなり成長をした子もいて、それはとてもうれしかったですね。やはり少しでも成長を見せて卒業させないといけない立場ですので、それを明日出すことが出来ればなと強く思っています。

試合は組み合わせの都合で昼過ぎに1試合目を迎えます。これが影響なければな・・・。
楽しみにしながら床につきます。
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

、 2 、

2015.02.20/Fri/20:35:37

全体で行う練習はこの日が最後。
またしてもあまり盛り上がらない練習でしたね。

しっかり抜く時は抜いて、本番は目いっぱいでいきましょうね。そうなることを信じてます。
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

、3 、

2015.02.20/Fri/20:30:23

木曜日残り3回目の練習をしました。
チーム練習を中心に進めたのですが・・・
この日の練習はなかったことにしましょう。
カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ジャッジに対して 反省も含めて その1

2015.02.19/Thu/06:03:31

HELP
詳しい方教えてください。

2月1日の5年生大会での出来事。
状況
あるチームとの対戦で、2セット目終盤(1セット目はうちがとっています)相手の返球ボールがエンドライン付近に飛んでいき、バックを守っていたゆうかがワンタッチしてコート内に落ちました。
エンドラインを見ていたラインズマンは確かジャッジをしなかったんじゃないかな?おそらく主審の位置からはゆうかの陰で、ワンタッチもボールの落ちた位置が見えなかったんだと思います。
私たちベンチにいるものはワンタッチも見えて、インだったと判断しているので当然相手の得点だと考えていました。
主審はラインズマンを呼び(副審を呼んでほしかったな)、ジャッジの確認。ラインズマンが戻ります。
ところがその判定がアウトの判定

ここでのゆうかの態度を誇りに思います。
ゆうかは自分が触っているのが分かっているので、主審の方に行こうとしました。「私が触りました」というつもりだったのでしょう。
ベンチにいた自分はそれを制しました。理由は二つ、『ゆうかはゲームキャプテンでないこと。』それと『主審がラインズマンを呼んで判定したことに対して、あえて言いに行くことはしないでよいと判断したこと。』

ゆうかもそのあとモヤモヤしたでしょう。自分もモヤモヤした気分でした。それでよかったのか・・・。
たぶんその点が相手チームだったらそのセットは9割方落としていたでしょう。まあそこはあまり気にしていなかったのですが、キャプテンに申告させる手はあったのかがいまいち不明で。

自チームが不利な判定に対して審判に確認に行くことは多々ありますが、相手が有利になるような時に審判に報告に行くべきなのか?

この疑問に誰か答えてください。お願いします。

普段から審判のジャッジに文句を言うことのないように指導はしているつもりですし、ブロック跳んでも「ノー、ノー」などと言って主審に向かって手をヒラヒラさせたりもやらせません。スパイクが相手のブロックにあたっても相手指差して「ワンチ」なども言わないはずです。
以前も書いたことがありますが、子どもの時にテレビで見ていたバレー(ラリーポイントの前の15点マッチの時代)では、ワンタッチしたら選手が主審に手を挙げて触ったよ、みたいにしていたように子どもだった自分の目に映り、スポーツマンシップの強いスポーツだとずっと信じていました。(実際は申告していたのかどうかは知りませんが)

結局この場面もゆうかが主審の方に向いて触ったそぶりをすればよかったし、それが無理ならベンチの私も大きな声でワンタッチかインと言えばよかったと反省しています。
難しいことではあるがこれからも子ども達にはなんでも正直に表現できるように指導していきたいものです。

さてそんなことを書きながら、
2月11日のスポ少、15日の安芸感謝祭でジャッジに対してクレームをつけまくった自分がいます。
その2、その3で反省していいきます。
審判をリスペクトしなくてはいけません。ごめんなさいが続きます。
カテゴリ: ジュニアバレー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

、 4 、

2015.02.17/Tue/23:27:40

4期生のとっては最後の亀崎小練習です。今回もネットを張り少しですがサーブ練習もしました。
今日は火曜日に習い事のあるあいりも練習参加。残り少ない練習日なので、決してそれだけで上手くなるわけではありませんが、チームとしてはいい方向に向いていると思います。
トス合わせをしっかり出来たのでよかったかな。

心配事はゆきの喉が痛いということと、みおがスポ少で痛めた足。みおは動けているから問題はないと思うが・・・。
そういやあビデオで確認したら踏まれたんじゃなくて踏んでましたね。本人は分かってないのが不思議大けがじゃなくてよかった。一番長く頑張ってきた子ですからね。

明日は練習なし。木曜日は悲しいことに体育館が使えません。公民館に空きがあったのでそこで練習します。

カテゴリ: 小学校練習
tb: 0 |  cm: 0
go page top