FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

フレンドリーカップソフトバレー大会

2013.12.08/Sun/08:40:18

土曜日ソフトバレー大会に参加させていただきました。
6年生 予選リーグ 1分1敗 予選敗退
5年生 予選リーグ 1分1敗 予選敗退

どちらのチームももう少し頑張れば決勝トーナメントあがれたと思います。見ていてイライラしましたが、レクということで参加しているのでブツブツ言いながら応援させてもらいました。
6年生はこれから残る大会に向けてどういうスタンスでいくのか、勝つのか楽しむのかを考えるにはいい機会だったかと。
5年生はいままで頼り切っていた経験の長いメンバーがいない状態でどれだけのプレーが出来るかでしたが、運悪く試合のときに6年生の試合や審判が重なってあまり見れませんでしたが、勝てたんじゃないかな?ある意味ソフトバレーの緩いタイミングで練習するのも彼女らにはいいかもしれないと思いました(去年もそんなこと思ったなあ)

4年生 予選リーグ2勝 決勝トーナメント1試合目敗退 3位
3年生 予選リーグ1勝1分 決勝リーグ2勝 優勝

4年生は予選は無事に勝ちあがりましたが、その時点でかなり慢心した感があり、打ち上げのことばかり考えていて案の定決勝トーナメント最初の試合で足元払われましたね・・・
4人でまとまって返球バレーに徹しました。これからはつなぎも頑張ってラリーが出来るように練習していきましょう。

3年生は信頼の置ける3年生男子が一人いて、ネット際を任せた彼の力によるところは大きいですが、メンバーそろって参加できるものですからね。実際レシーバーは2年生4人と3年生女子1人ですから、意外にこの子達がしっかり拾ったからことも大きかったですよ。
Vイーストに続いての優勝で金メダルをゲットして喜んでました。おめでとう!

指導者としては上の学年に勝ってもらいたいのですが、普段の練習から全学年同じような練習をしているのでどうしても結果は下の学年ほど出やすい状態になっているようです。
そりゃあもっと上の学年中心にしてやっていかなきゃという思いもあるのですが、そこは目先の勝利にこだわっちゃいけないという思いも緩い信念?としてあるので、このスタイルは変わんないでしょうね。
ただこれからは6年生の卒業試合に向けて準備していく上で彼女ら中心になっていく場面は増えてくるので、低学年はしっかり協力していってもらいたいと願っております。


さてこの日も休日多くの教員の方が大会運営にあたられていまして感謝感謝。手当て?や弁当があっても大会の運営というのはなかなか出来るものではないです。子ども達のために順力いただくことに頭が下がります。
毎度のことですが、片付け後ごみをしっかり拾わせて、大会役員さんのもとに全員で挨拶にいかせました。
「どうして大会に参加できるかを思い、心から感謝してきなさい」と。
20名ほどの中で何人心から感謝できたかは分かりませんが、ただ勝った負けたということだけにとらわれず、そのような心を持てる子ども達に育てる役割を担っていることを忘れないで指導を続けていかねばと思っております。

応援の保護者の皆様もありがとうございました。次は1月のソフトバレー、ドリームカップ、スポ少と続いていきます。子どもさんの成長を少しでも手助けできればと思っております。今後もよろしくお願い致します。

その前に年内3度の体験会も。高陽地区中心に小学生を受け入れますのでどうぞ一度お越しください。
スポンサーサイト



カテゴリ: 小学校公式戦
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top