FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

2012.12.11/Tue/23:34:19

サーブレシーブを練習するに、足の運びや手の出し方などいろいろと基本動作をやってもらっていますが、一度ついた癖は治らない、じゃなくて変わりませんね。

小学生のサーブレシーブは低いネットで速い無回転のボールが来るので基本足は広めに取るべきだと考えています。ただそれはレシーブする瞬間の話で、スプリットして肩幅をはるかに超えて着地するために横の動き出しが出来ない癖は困ります。
またレシーブの瞬間にどうしても右足または左足が前に出てしまう子がいます。それもかなり大きく。ボールが右に来ようが左に来ようがお構いなし、いつも同じ足が前に出る。
腕もそう。力を入れて構えて、ボールが来ると一旦腕を引いて構えなおす癖。

何でもかんでもいじってしまってはいけないとは思いますが、あきらかにスムーズなプレーを妨げる癖は修正してあげるのは指導者の役目かと。

でもね字にしても、しゃべりも、歩き方も・・・癖って変わらないですよね~。
だったら癖ありきで上手くなるほうが正解なのかもと考えて実践している指導者なんていませんかね。

今日もネットなしで時間を有効に練習しました。参加者がいつもより少なめだったので活気がなかったような。
週末は練習試合ですが何だかやる気が感じられませんね。こんなのでいいのだろうか。
よそのチームは締めの段階に入って練習にも熱がはいっているはずです。

もう少し気合が入るように練習メニューも工夫が必要ですので頑張ります。
スポンサーサイト



カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top