FC2ブログ

声が響く?

2012.06.05/Tue/22:13:24

さてバレーも勝ったし更新頑張りますか。
それにしてもサーブミス多いね・・・。大事なところでするから余計に多く感じる。
最終セットの韓国もミスが多かった。
日本のサーブレシーブはジャンピングフローターでも崩れそうな気がするのは自分だけ?
と、結局国レベルになってもサーブとサーブレシーブが、という話ばかり。

川合さんが4セット目の終わり間際に「流れをよくするためにもここで1点でも多く」と言っていたが、1点も取れずに終わって5セット目のあの良い流れ。もう流れが云々という話はやめましょうよ。セットが変われば全然関係ないと思いますよ。

今日の練習は亀崎小での練習です。いつもの練習で気付いたのですが、ここの体育館は倉掛小の体育館より2,3m屋根が低い?叩き付けたボールがライトに近い。
前から少し感じていたが、ここで練習するときはよく声が出ていて、倉掛に戻ると静かな感じがしていたのはそのため?
はっきりしたことは分かりませんが何となくそんな風に感じました。

今日の練習の中でコーチをしてくださっている保護者の方と利き足の話を少ししました。
指導に関わり始めた頃はバレーの指導がまともに出来ないので、トレーニングのメニューや動きの解析などを一生懸命していました。
レシーブのスプリットにこだわるのもそんなところからで、スパイクのステップやレシーブのステップも1歩目がとても大事になるので利き足が関わってくるなとこだわったりもしました。

でも時間とともにそんなことは飛んでしまって、淡白な練習ばかり繰り返すようになっています。
改めて動き出しを見直したりすることはとても大事なのかなと今日考え直しています。

サーブレシーブの動き出しはそれでも年間通じて繰り返しやってきていますが、試合になるとどうしても逆足から動く子が出たりします。つまり練習の成果が出ていない面がある、練習がよくないということ。
体の動くままにボールを追いかけると利き足から動くことになることが多くなるよね?
そんなことにならないように次回は違う練習メニューを提供しようと思います。

利き手、利き足、効き目だけでなく反対側もトレーニングすれば変わるかな?老いた我々じゃないので可能性いっぱいの子ども達に幅広くいろんな練習させていかなくてはならないです。
改めてビデオ見たり、本見たり頑張りますね。
スポンサーサイト



カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top