10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

気をつけるべきこと30 『喜ぶ』

2011.11.29/Tue/21:37:18

先日のVイーストの大会参加で感じたこと。

4年生チームはまだパスも満足に出来ない、サーブも怪しいといった状態。
だが彼女達は1点1点を本当にうれしそうに喜ぶ。これは相手チームも同じで、対戦した2チームともにまだまだこれからといった状態で、点が入ればありえないくらいの喜び方をするじゃあありませんか。

4年生が1セット取った時の喜びようといったらまるで大会に優勝したかのようで、すごく輝いていました。

ところが一方同じ4年生でも少し長くやっている子やレベルの上がったチームほど喜び方がおとなしくなる、スパイクで得点したか、相手の失点かにもよるのでしょうが、どことなく大人になったような喜び方をし、お決まりの走り回ることで喜びを表現するチームもあった。

結局何が言いたいかというと、会場にいた他チームの方との話で気付いたことなんですが、ほっとけば素直にすごく喜ぶものを、
指導者達・大人たちが時間を掛けて子ども達の表現をダメにしていっているんだろうな
ということです。

「負けて悔しくないんか!」に始まり、「そんなことで喜ぶな!」「気持ちを出せ!」「声を出せ!」「喜べ!」「泣くな!」・・・
あらゆる表現を否定され、強制されて行く中で決まりきった形でしか表現できなくなってしまう、もしくは表現をやめてしまっているんじゃないかと?

人それぞれ表現の仕方は異なるもの、今やっているWCの全日本男子の表現を見ていて、結局点を取るたびに全力で喜んでも勝てないのはハッキリしましたし、セットが変われば前のセットの流れなんかも関係ないことも示してくれました。
まだ成長過程にある子供たちに正しくないかもしれない表現方法まで強制してしまうのはいかがなものか考えていかないといけないと思っています。

ただきっかけは与えるべきだと思います。例えば点が入ったら「走る」というきっかけを与えることは否定しませんし、うちで言えばボールデッドの瞬間にジャンプして「よし!」という表現はこれからも指示もすると思います。(※ボールに集中させる意味合いがほとんどですけど)

が、点が入るたびに「走れ!」と怒鳴ってみたり、「喜べ!」と怒鳴ってみたり、あたかも次のプレーにつながるかのような指導はやらないほうがいいんじゃないだろうか。

と思います。思うだけです。実践できるかどうかは

しかし、
相手あってのスポーツです。淡々とプレーさせたいと指導を始めた頃には思っていたのに段々染まっていってるなあ・・・
スポンサーサイト
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

男子の練習

2011.11.28/Mon/17:37:38

日曜日午前中は体育館が使用できたので男子の練習をしました。
人数を限定すると目が行き届くので細かく動きを見ることが出来ます。

この日は大好きなアタックばかりの練習、基礎からじっくりと練習しました。
上手く体が覚えてくれればいいけどそんなに簡単にはいかないでしょうね。

男子は1月のスポ少大会にNチームさんに合流して参加します。それまでに本当にやらなきゃいけないのは、
レシーブ
まだパスも怪しい男子連中。足を引っ張らないようにしっかり頑張っていこう!
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

Vイーストカップ参戦!

2011.11.26/Sat/22:30:56

CIMG0723.jpg
お!全員同じチームか?と思わせるような開会式の姿。
主催者の意向で復興支援のためのTシャツ(Tシャツ購入代金の一部が支援金へ)で開会式に参加しています。

試合の詳細はまた後日。
関係者の皆様ありがとうございました。
カテゴリ: 小学校公式戦
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

連日練習

2011.11.24/Thu/23:13:03

昨日の祝日、今日、明日と三日続けての練習です。

昨日は午前・午後と6年生チームと4年生チームに分けてチーム練習しました。
が、想像通り全く意味無し。基礎練習したほうがよかったかな・・・、
でも大会に臨むにあたり少しくらい慣れていたほうがいいに違いない。そう思うことに。

1セットに一回くらいバレーらしく出来たらほめてあげようと思います。
その分今日はカリカリしてました。反省しています。


Vイースト参加にあたり応援旗の製作やその他の準備、自分とコーチの2人で進めていますのでかなりきついです、保護者会がまだまだ機能していないし、機能しなくてもやっていければと考えている(保護者の手伝いがなければスポーツが出来ないといった環境を何とかしたい思いから)ので頑張っています。

応援旗は子ども達が協力して製作完了。あとはユニフォーム配布。
何とか今年度唯一の6人制バレー大会参加が出来そうです。いい思い出になればいいな。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

火曜日

2011.11.23/Wed/06:56:42

久しぶりの火曜日練習。
しっかり体を温めて、パスを長めに、サーブレシーブ、レシーブ、サーブで終了。
あっという間の2時間。

寒くなってきたのでアップの時間が長めになります。縄跳びなどもやらせていきたいところ。
パスもだんだん上手くなってきたようです。レベル合わせして練習する時期にきています。

サーブレシーブは相変わらず落下点に入る練習。まだまだ全然ダメ。
時間掛かりそうです。

23日は午前・午後学年分けての練習。26日の大会参加に向けて調整です。
チーム練習がメインになります。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

練習試合(5回目)

2011.11.20/Sun/07:24:44

土曜日近くのK小のバレーチームに来て頂き練習試合を行いました。
結果はチームのBlogに掲載。

この日は相手チームがとても声の出るいいチームなので体育館全体がその子たちの声で埋められ、うちのチームの声が出ているかのような錯覚に陥ってしまった。おそらくいつものように静かにバレーをしていたんだと思います。

それでもだんだんとバレーらしくなって来る兆しもあり収穫はありました。
まずゲームの対して緊張度が減ってきたこと。サーブのミスが減ってきたこと。があげられるでしょう。

最近練習に取り組んでいることだが、やはりボールの落下点に対する判断が悪すぎますね。あとそこに移動するための足の運びが滅茶苦茶。教えてないもんなあ。しっかり身に付けてもらわないといけないことなので練習で。

今日ものんびりチームのうちは保護者の観戦0、見学の親子1組、見学者1人でした。
いつものように相手チームの方からコーヒー頂いてしまって・・・
今度は練習試合に行かせてください。一日ありがとうございました。
カテゴリ: 小学校練習試合
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

やはりパスだな

2011.11.18/Fri/22:38:51

やらなきゃならないのは分かっているけど、
根気よく長くやらせるのは苦手。
根気よく長くやるのも苦手。

指導者・選手、気が合ってなかなか上手くなりません。
でもやるしかないんだよね。パス。

サーブ、サーブレシーブ。アタックで終わり。
明日は練習試合。前回から何か進化したか?不安ばかりの実戦です。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

中4日

2011.11.17/Thu/22:22:52

4日空いて久しぶりの練習でした。パスを少し長めにしてサーブレシーブ、スパイクで終了。
久しぶりの練習でしたが人数が少なかった・・・。
明日も練習あるが、明後日は練習試合。もう少し練習してから試合して欲しいな。

サーブレシーブはボールの落下点をしっかり見つけて動いてもらいたい。足が縦になってる子が半分くらい。
これじゃあいかんね~。時間掛けて治していかねば。

明日はしっかりサーブ練習やりましょう。

自分の足の状態は良くなってきましたが、まだ運動禁止です。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ゲーム形式

2011.11.13/Sun/08:52:13

土曜日の練習は諸事情もあり大半をゲーム形式の練習とした。
まあ日曜日の練習もあるからと思ったこともあるのだが、練習後日曜日の体育館が使えないことになりショック。だがほとんどの子が練習を休む(児童館祭がああるため)といっていたのでまあいいか。

さてゲーム形式の練習ですがうまくはならないねえ。「声が出てないよ」と言えば無用な声「こ~~い」は出るが、ボールが動く間の声が出せない。まだ1本目は出るが、2つ目、3つ目と声が減ります。3つ目なんか誰も口が動かない。3つめだからうちの場合はスパイクにいけることは少ないので「ラスト」と言いなさい、スパイクなら「いけ~」と声を出しなさいと指示はしてあります。
まずは声が出ること、それから言葉数を増やすこと、体全体で指示を出すこと、など声出しの7つのステップも決めています。
まだまだ傍観者が多い状況なのでお遊びゲームです。

終盤は得点のたびに走らせてみました。自分があまり好きじゃないグルグル回るやつ。
4年生以下は本当に楽しそうにやるのですが、5年生以上になるとタラタラ、または動かない・・・。
体で表現するのが苦手と言うか恥ずかしい年頃なのでしょうね。強制するのも嫌いなのでまた手段を考えて表現力をつけてもらいたいと思っています。

次の練習は木曜日かあ。今日の練習無しはきつい。中4日も空くとね・・・。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

サーブ

2011.11.12/Sat/09:59:02

サーブ時間を取って練習しているが、それが全然成果になって現れない。練習のための練習にしかなっていないというチームも多かろうと思います。
うちのチームも例外ではなく練習が本当に雑です。人数が多くボールが少ないので走ってボールを拾って打てばいいのに自分の前にボールが来るのを待っている、しゃべる、トスが適当なのでいくら打っても精度を欠く・・・。
そんな練習を繰り返しています。

でもそろそろ細かく指導していかなくてはならない時期だろうと思います。
ということでしっかりキャッチボールしてからサーブ練習に入ります。
キャッチボールも腕を高く上げてからのキャッチボール。サーブを打つための練習です。決して野球のボール投げのようなことはさせません。大きなボールを下から腕を回して投げると全く違う運動になります。そこはしつこく指導しています。

全員上からのフローター。1対1で8mまでの距離で1ステップサーブすることでフォームを作ります。
ポイントは3つだけ。トスの高さ、手をとめる、体重移動。
ここを丁寧に出来る子は上達も早いです。もちろん筋力に左右されることが大きいのは事実ですが、バレーはどうしても上で勝負することが多くなる競技ですので、上を使うことが大切だと思います。

と、毎日こんなことも出来ないので時々やりながらサーブの精度を上げていければと思っています。
時間のないチームは小学生の間に速いサーブを身につけるよりも、狙ったところにボールを打てるようになればいいと思っています。勝負するサーブよりもミスのないサーブです。

残りの時間は前日と同じようにレシーブ練習。こちらは進歩有り。やれば出来る小学生。

土日も練習がある、というか体育館を開けます。公民館まつりもあるので地域の方がされる行事だから行きなさいと言ってあります。バレーだけじゃあいけませんよ。

県内各チームは20日に迫ったTSS杯に向けて最終段階でしょう、頑張って目標達成してください。
うちは参加できないのでちょっと寂しいです
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top