FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

気をつけるべきこと28 『子どもの領域』

2011.09.20/Tue/21:40:08

 仕事柄常日頃バレー以外でも小学生と接することが多いのだが、小学生の世界は驚くほど争いが多い。ほんの些細なことで口げんか、下手するとすぐに手足も出る。
 そんな大人から見たら無駄に思えるくだらない一瞬だが、子ども達とっては貴重な時間を積み重ねて成長している。大人になると忘れてしまうが、きっと自分たちも子どもの頃はそういうことを繰り返してきたのだろう。昭和の頃はそこに大人が介入することは少なかった。子どもの数も多く、たくましく育ってきた時代。ある意味放置されていた。
 今はそうはいかない。危険の多い外遊びの時間は少なくなり、親の目の届く範囲での行動が多くなり、塾またはクラブなど安全な場所での活動時間が増えてきた。
 過保護なスポーツクラブに関して言えばいつも保護者の一挙手一投足を監視された下で活動している。
子ども達は親の目を見ながらプレーをし、水分補給し、ご飯を食べ、休憩しなければならない。

 以前は長い時間の練習の時には自由時間を与えることがあった。そんな時にある保護者に「どんどん子どもの中に入っていかないと、○○団体の指導者はそうだよ。」と言われたことがある。だが自分はそうは思わない。
 今の子ども達は遊びの時間が少ない、遊びから学ぶ事はすごく大切なメニューの一つでしょう。またちょっとした遊びの中でも子どもの間で、人間関係を構築しています。子どもの中で誰かがリーダーシップを取り遊びの内容を決め、ルールを決め、それに従うものがいて。という構図が出来ている。そんな小グループがいくつもあり、そのグループが時間を掛けて離合集散してそれぞれでお互いの関係を築く貴重な時間です。そこに大人のルールを持ち込んでしまうとその構図はたちまち崩壊する。遊びに介入する大人も見るが、概ね遊びが指導になり休憩が休憩ではなくなるではないだろうか。

 自分が逆の立場だったら・・・。と考えたら分かるだろう。練習の中でもなるべく子どもの時間を作り大人の介入しない子どもの領域を作ってあげるべきではないでしょうか?

 と書きながらふと振り返ると、最近休憩時間が少ないかも・・・。
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

午前練習

2011.09.20/Tue/07:04:45

昨日祝日は午前中体育館を開けました。
4年生は学校の敬老会行事に参加のため贈れて参加、休みは1人。体験2人。20名の練習となりました。

基本的な事はだいたいやっていますが、まだまだパスがうまくいきませんね。だけどだらだらと長く続けるだけの根気もまだありません。基本的に壁を相手にやってもらう練習を多めにやっています。ボールにさわる数をこなすことが必要だと考えているからです。

サーブ、レシーブを重点に練習を積み重ねていく予定です。

練習中の声出しがいまいちです。過去を振り返ってまあ当然かと。いかに能動的に声を出していけるように持っていけるか試行錯誤が続きます。
カテゴリ: 小学校練習
テーマ: バレーボール
ジャンル: スポーツ
tb: 0 |  cm: 0
go page top