FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

気をつけるべきこと22 『美味しい!』

2010.03.07/Sun/09:40:42

 出された食事、美味しい時に 「美味い!」 と言えますか?
私はなかなかその一言がいえません。昔から素直じゃない子どもで、大人になっても他人を褒めてもわざとらしく聞こえるようで、お世辞の一ついうのも不得手。
出された食べ物が辛かったら「からい!」苦かったら「苦い!」…と素直に言ってしまいます。 (「まずい」 とは言ってないはず)こんなことじゃ嫌われますね・・・

 ではバレーでいいプレーでちゃんと褒める事が出来ていますか? 「上手い!」 と。
ちょっとミスしたら、「ちゃんとレシーブしろ!」「サーブ入れろ!」「決めろ!」などと率直に言ってないか?

 せっかく一所懸命作った料理を「まずい!」といったら傷つきますよね。
バレーもきっと一緒。一生懸命やっているのに「下手くそ!」「バカ!」「一つも上手くならん」などといったら傷ついてあたりまえ。だれもが発展途上です。プロフェッショナルはいません。

 練習で子どもたちは下ごしらえ、味付けを覚えようとしている。それが上手くなるように手助けするのが指導。
その完成した料理を披露するのが試合。指導者にとっても発表の場、親は観戦の場、応援しかしてはいけません。

 辛い時は「美味しい!だけどもう少し甘くなるともっといいな。」と言えるように一呼吸おいてしゃべれるようになろう。
 ミスした時は指導が行き届いていないから。持ち帰って練習しましょう!きっと自分の指導に問題があります。
 
 そして素晴らしいプレーの時は 「ナイスプレー!」 と褒めましょう!

 たとえ他チームであろうとも。
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top