FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

気をつけるべきこと16 『ジャッジ!』???

2009.07.09/Thu/21:12:44

相手のサーブ。
サーバーの手からトスを上げてヒット、サーブがネットを越えてこちらのコートへ。

ボールはエンドラインギリギリまで飛ぶ。

バックプレーヤーがお見合い、またはアウトと判断したがインのジャッジで相手の得点。

「ジャッジ、ジャッジ!」
レシーブするべき人間じゃななく隣の人間を指して
「お前だろうが!ジャッジしろ!」
と怒っていないか。

本当にそうなのか?隣りや前後の人間がジャッジ出来るのか?
完全なアウトやインは正しくジャッジしなければならない、いやしたほうがいいのかなと思うが、ギリギリのボールの判断はレシーブするべき人間がすればいいんじゃないのかな?

自分の考えは基本的には
 「捕れ」 
と声をかけます。捕れればイン、捕りに行っても捕れなければアウトという考え方です。
ジャッジするよりはレシーブした方がプレーヤーとしては成長するとも思っています。
いずれ余裕が出来たらジャッジすればいいじゃないか。

それでもとんでもないボールを捕りに行ったらさすがに
 「アウトだろう!」 
と言うことも。だけどきちんとレシーブできれば何ら問題ないとは思います。


またラインに関係のない遠くのプレーヤーがジャッジすることをきらいます。
たいがい「アウトー!」と言いますよね。
そんなことをしたら毎回こう言っています。
 「本当に分かるのか?」
「それはジャッジじゃなくてお祈りだ!」 

とね。

小学校のネットは低く、コートも狭い。
6年生くらいのサーブはママさんのサーブよりも速かったりする。
それをギリギリのところのボールを正しくジャッジするなんて無理じゃないですか?

ジャッジするのはレシーブするべき人間、横や前後から要らぬことを言うべきではなく、
 「頼む」 
の一言でジャッジは自分で出来るようにすることにした方が正解だと思っています。

ただそれには大切な事がある。
サーブレシーブをジャッジする練習をしておかなくてはならない。
時間のないクラブはここが抜け落ちている。
これから夏に向けてちょっとでも時間を取ってやっておかなくてはならないことであることは付け加えておく。


『気をつけるべきこと』 要らぬ後出しじゃんけんみたいな指導をするのであれば、万全の準備をして試合に臨ませよ。
それでも出来なければ練習方法を改めよ。

さあこれで試合のときに
 「ジャッジ!」 という自分に気付くはず。言っていないはず。いや言っているんだろうなあ・・・。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top