FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

ゲーム形式の練習

2009.01.16/Fri/17:28:04

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

卒業を控えた6年生の練習

2009.01.14/Wed/20:30:18

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

小林祐梨子

2009.01.13/Tue/20:32:06

小林祐梨子さん日本を代表する中距離陸上選手。
彼女の走りが好きで先日も全国都道府県対抗女子駅伝の快走もTVの前で興奮しながら見ました。
4キロの区間を32位でタスキを受けてから29人抜きで3位まで順位を押し上げた。他の選手とは明らかに違う走りで素晴らしい限り。

彼女を応援するきっかけになっているのが、高校卒業後実業団に入社するが、そこから社内の制度を利用して岡山大学に入学、将来のために数学の教師を目指すと知ったこと。
体育教師とかだったらまあ当たり前かなという感じなのですが、数学教師というところに刺激を受けました。それでもってオリンピックにも出場し、駅伝も走れば前述通り。きっとかなり努力をされてきているのでしょう。

そんな彼女も一時期実業団の登録問題でもめていたようで、実業団での活躍は見ることが出来なかったようだ。きっと練習環境も厳しかったことでしょう。
が、今では競技に参加できるようなので、またトラックでの活躍、来年度のこの大会での活躍を楽しみにしたい。また素晴らしいフォームで爽快な走りを見らいたいものです!
カテゴリ: スポーツ全般
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

中学の練習

2009.01.12/Mon/20:34:48

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 中学校バレー
tb: -- |  cm: --
go page top

 

『やる気と技術』 どちらが先か その2

2009.01.11/Sun/18:37:15

一昨日に引き続きこのことを考えてみる。

昨日の朝、長女と話しをしていて、「やる気を出さないと!」と言っている自分に気付いた。

試合の日に保護者の方との話の中で長女を含め2年生にそのことは伝えると約束しました。「娘に言うのはちょっと・・・」とは言ったのですが、長女の反応はよくないんですねえ。雰囲気悪くなりました^^;よくよく考えてみると長女もまわりのみんなもやる気はあるんだと思います。

長女は小学校3年からバレーはじめてよほどの用事や病気の時以外は休んでない。やる気があるから。
ただ一昨日も書いたが何に向けてとかがなさ過ぎるのだと思う。
試合がいつあるかを知らない、どんな技術が大切かを知らない。ただ与えられたことをこなす事が練習という流れが出来てしまっている。

小学校の今年度初めまで指導していたチームでは、年間計画を立ててまた1年から3年後までみた長期計画を文書にして配る直前までいっていた。
チームを替わったことで達成できなくなったが、プランは

①長期・中期・短期目標をしっかりたてる。
②一つ一つの細かいプレーの積み重ねを長期で達成することをベースに、そのため何のためにするかを繰り返し説明し練習すること。
③実戦の場は練習試合。達成感を与える。
④試合中に出来なかったこと、足りなかったかを気付かせるように持っていく。ああこの練習が足りないんだなと気付かせる。それを次の練習の課題として取り組んでいく。

大まかにはこんな感じ。

今見ている小学校では、その方法を少しでもやれればと考えて、無理言って低学年だけの練習試合を組んでもらったりもしている。
練習試合の位置づけは試合前にしっかりと説明。取るべきセット、使うべき技術の指示。後半のセットではミスしてもいいので思い切ってチャレンジしてもらい、次の課題を見つけることもしてもらう。
今年度は2度の練習試合でしたが、2度目の練習試合ではうまくもっていけた思う。(その結果今の課題はオーバーパスとアタックの初歩)

このようなやり方を小学校だけでなく、中学校でもやっていくべきではないかと思う。やる気と技術だけではなく 目標⇒説明⇒技術練習⇒実戦⇒成果⇒やる気⇒目標⇒説明⇒技術練習⇒実戦⇒成果⇒やる気・・・ こんな循環で。

つまり技術を与える事が先かな?やる気を求める指導じゃなくて、やる気を引き出す指導。現地点ではそう考えているが、また後日読み直してみると変わっているかもね(笑)
カテゴリ: バレー技術研究
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

『やる気と技術』 どちらが先か その1

2009.01.10/Sat/20:42:06

今日は中学の公式戦。
普段ならN中に帯同して試合観戦するのですが、公式戦はベンチにはいる事は出来ないので今回はあえて長女の中学の車出しを選択、車出しが少ないことも理由の一つですがチームの仕上がり具合や、その会場に来るチーム偵察も兼ねてということもありました。

さて試合のほうはまあ惨敗ですね。見事なまでにやられました。というか自滅。
言い訳はいくらでも出来るでしょうが、相手云々という問題ではなく自らのチーム力に問題があったのでしょう。
たまたま観戦されていた保護者の方は「やる気、声がない、闘志が伝わってこない」というご意見。それらがあればもう少し何とかなるということですが、多くは全くその通りです。

ただ技術なくして闘志だけで勝てるのだろうか?
技術があって、闘志・やる気がなければ格下のチームに負ける事はあるでしょうが、その逆、技術が乏しくて闘志・やる気があっても同レベルのチームには勝てても、格上のチームが前述の状態になければ勝てる事は少ないのでは。
つまり格上だろうと思われるチームに自力で勝つためにはやはり技術力をまず上げる事が不可欠だということは間違えないでしょう。
やる気、普段の練習からやる気を出して練習に取り組むこと。それは目標があることでうまれてくることかな。目標は選手自分たちで立てるのか?

目標となる試合・目指すべきレベルは選手たちが決めるのか?チーム内でレベルの劣る子供たちの目標は何なのか?どのように目標を達成していくのか?とても難しい問題だと思います。

多くの経験者の方は「自分はやる気をたくさん持っていて、自分たちで何でもしてきた」と言われます。時代も変わっています。果たしてそのような考え方が通用するのだろうか?

以前からそんなことよく考えます。今回特にそのような思いが強くなったので改めて今の考えをまとめてみようと思う。果たして・・・。
カテゴリ: バレー技術研究
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

高学年パス

2009.01.09/Fri/20:44:38

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

小学校練習初め

2009.01.08/Thu/19:46:17

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

次女練習初め

2009.01.06/Tue/19:47:45

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 次女のバレー
tb: -- |  cm: --
go page top

 

練習初め 中学編

2009.01.04/Sun/19:49:28

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 中学校バレー
tb: -- |  cm: --
go page top