FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

中学練習

2008.10.12/Sun/21:59:38

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 中学校バレー
tb: -- |  cm: --
go page top

 

練習試合(小学校) 5年生以下

2008.10.11/Sat/17:02:15

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習試合
tb: -- |  cm: --
go page top

 

週末の予定

2008.10.10/Fri/21:48:46

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 日記
tb: -- |  cm: --
go page top

 

気をつけるべきこと⑨ すぐ出来る子だけを見ぬこと

2008.10.09/Thu/22:47:08

勉強にしてもそうだろうが、指導に携わっていてアドバイスした事がすぐに出来る子とそうでない子がどうしても出てくる。

大きく分けて
①すぐに理解し実践できるようになる子
②しばらく自分の中で苦闘?して出来るようになる子
③いつまでもできない子
がいると思う。

私は②、③タイプで、動き一つにしてもなかなか出来ない。
形態模写が上手な人は人の動きをみただけでその動きが出来るわけだから、プレーの形を模倣するのはお手の物だろう。
ところが大半の子供たちはそうはいかない。

「こうやるんだ」「違う」「駄目だ」といって指導者は一生懸命言葉で動きを修正しようとする。または出来るまでやらせるところもあるだろう。
自分を振り返ってみて、この指導方法はまずいと感じている。
何せ自分の動きがコントロールできないのだから、言葉で修正できるわけはない。
また数多くやることは数多く間違えをすることにもなる、うまくいけばいいが失敗することもあるのでは?

で「AやらせるならBやらせろ」といったことがでてくるのでしょう。
これをうまく活用するために工夫していくのが指導者の役目でしょう。


さて指導する側は、この子供たちの特性を見極めること。そして必ず出来た瞬間も見極めることが大切になってくる。

決してアドバイスしたらすぐ実践できる子だけに目を向けてしまわぬこと。

そんな子の指導だけするのはとても楽だろうし、指導のやりがいもあるのでしょうけどね。と、勘違いしないように気をつけなければならない。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

今日の練習

2008.10.08/Wed/23:45:46

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

またまた初心にもどって

2008.10.06/Mon/22:07:31

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top

 

練習試合(中学校)

2008.10.05/Sun/18:09:18

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 中学校バレー
tb: -- |  cm: --
go page top

 

練習試合(小学校)

2008.10.04/Sat/20:11:15

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習試合
tb: -- |  cm: --
go page top

 

気をつけるべきこと⑧ いいプレーを見落とすな!

2008.10.04/Sat/07:13:25

ベンチで試合を見ていて、どうしても得点・失点の場面、またはサービスに対してだけにフィードバックしてしまいがち。
実際は流れの中には様々な場面があり、その中にはその子にとってはとても重要なプレーがあったりします。
ゲームの勝ち負けは大事なのですが、発展途上にある子供にとっては一つ一つのプレーがとても大切です。

ベンチに継続的に入るようになって1年強、自分の役目は『いいプレー探し』をすることです。
特にラリー中のプレーです。
ラリーが切れた瞬間、特に失点した時などは数秒前のいいプレーが消えてしまいがち。そこを忘れないようにすること。そしてそのような場面があれば、たとえ失点しようがその場で褒めること。これが大切だと考えています。

ミスを叱るよりも、出来たことを探し褒める。その数が増えていけば成長も早い。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

小学校練習

2008.10.03/Fri/22:14:49

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ: 小学校練習
tb: -- |  cm: --
go page top